株式会社 橋川製作所

放電加工をコア技術とした独自の超精密加工技術を駆使して新素材等への微細加工による新たな価値の創出をめざしています|株式会社 橋川製作所


 

放電加工でできること|放電加工による新たな価値の創出|株式会社 橋川製作所

HOME»  放電加工でできること

放電加工でできること

放電加工によって様々な材料・素材の精密加工を可能にしています。

高品質な製品・部品を作り出すためにも、放電加工でできることについて理解を深めるのも大切です。

 

硬い金属の加工を可能にした放電加工

 部品を大量生産するために使われる金属製の型は「金型」と呼ばれています。

自動車・スマホなどに使われる部品は安定した品質が求められており、製品の安定性や生産の効率性を求めて金型が欠かせません。

金型は私たちの身近に存在しているものなのです。

そんな金型には普通の鉄よりもさらに硬い金属が用いられています。

例えば、焼入れと言う処置をした普通の鉄よりもさらに硬い金属が用いられていたり、この金属よりもさらに硬い超硬合金などが用いられていたりします。

超硬合金はダイヤモンドに次ぐ硬さを持つ金属と言われており、機械による精密加工が困難な素材です。

こういった硬い金属の加工を可能にしているのが放電加工です。
硬い金属の加工を可能にした放電加工
 

 

どういった時に放電加工が役立てられるのか

 金型の素材は硬い金属であるため、複雑な形状に加工することが難しい場合が多いです。

そんな時に放電加工が重宝されています。

例えば犬や猫などのかわいい動物の顔が描かれたプレートを大量に生産するため金型が作られます。

犬や猫の顔の形をした電極を作って、電極と硬い金属の間で電圧をかけて、放電による火花で正確に犬や猫の顔の形に加工するのです。

機械加工では生み出せない、表情の細かい部分まで加工を実現することができます。
どういった時に放電加工が役立てられるのか
 

 

医療業界への貢献

医療系の部品にはステンレスやチタン合金などの材料・素材が多く用いられています。

耐久性や安全性に優れるステンレス・チタン合金はより精密な加工が求められており、高精密な医療機器部品の製造にも放電加工が採用されています。

放電加工によって特殊素材難加工の精密加工を可能にし、高性能製品を生み出しているのです。

 
 
精密加工のことなら、是非橋川製作所へお任せ下さい。
橋川製作所では、独自のノウハウを駆使して精密加工を実現致します。
放電加工が困難と考えられていたセラミックへの精密加工も可能にしており、より精度の高い金型を実現します。
超合金素材のノズル加工・セラミック加工のことならお気軽にご相談下さい。 
 

放電加工による高精度加工のご依頼なら

放電加工による超精密加工のご依頼なら、放電加工を体系化して「高速・高品位・高精度化」技術の確立に成功した当社にお任せください。